2013/09/24

フォトショップエレメンツ8の新機能


「新しいのが出たけど、どこが良くなったの?」とか、「アップグレードした方がいいの?」と、良く聞かれます。
そんな時には、「こんな機能が追加されているので、それが必要な機能であればアップグレードしてはどうですか」と、お答えします。

基本的に、新しいヴァージョンごとに機能が追加されるので、「新機能」のカテゴリに記載の機能は、現在販売中の最新版エレメンツ12を購入すればついています。

それでは、adobe photoshop elements(フォトショップエレメンツ)8で追加された機能をご紹介します。
操作画面はPhotoshop Elements11です



スタートアップスクリーンが、「整理」と「写真の編集」の2択になって、分かりやすくなりました。



「整理」>エレメンツオーガナイザーに、顔を自動検出してくれる「人物認識機能」が追加されました。



夜景を撮る時に、「フラッシュをたかずに、撮った夜景」と、「フラッシュをたいた手前の人物」の2枚の写真を、フォトショップエレメンツが自動で合成します。



「写真の編集」で、2枚の写真を開いて メニューから

 「画質調整」>「Photomerge」>「Photomerge Exposure」 を選択。
右にガイドが出るので、「自動」を選ぶと簡単に合成できます。

(参考に出来る写真を撮ったら、画像を含め追記しますね)



前のヴァージョンまでスライダだけだった、「クイック補正」に、サムネイル表示が追加されました。


 マウスオーバーすると、補正後の画像も同時に変化します。



「再構成ツール」で、縦長の写真を横長(その逆も)にできちゃう。


残したいものを保護して、サイズだけ変更できるんです。
縦長の写真を横向きに使いたい時」に、詳しく手順を説明しています。


もともと、その前に出ていたPhotoshopCS4の機能(コンテンツに応じた拡大縮小)の簡易版のようです。
スポンサードリンク